機械システム工学科

ロボット・メカトロニクス分野 Robotics and Mechatronics Area

「ものづくり」の基幹技術である機械工学は、あらゆる産業の根幹をなすものであり、その分野は多岐にわたります。このコースでは、産業機械の設計・製造で活躍できる人材の育成をねらいとします。そのために、機械工学各分野の専門基礎知識・技術を広く学び、これらの基礎知識を応用して機械システムを設計・開発・構築する能力の育成を目指します。

  • 1.視点

    機械を製作するにあたり、その使用目的、機能、構造、材料、製作工程、加工法、外観、経費などを設計システム・生産システムとして総合的に考える必要があるため、このコースはシステムを視点に教育します。

  • 2.実習

    機械加工・NC・レーザー加工実習、材料工学・制御工学・電気実験、機械black、機械要素の設計・製図などを体験します。

  • 3.職業・職種

    産業機械・工作機械などの機械関連メーカー、精密機器、電気機器、電子機器、通信機器関連メーカー、各種プラント関連企業、設計エンジニアリング関連企業などに希望する人に適します。

  • 4.資格試験

    機械設計技術者(2級、3級)、CAD利用技術者(2級)、ボイラー技士、ボイラー・タービン主任技術者、冷凍空調技士(第1種、第2種)、技術士、エネルギー管理士など

先端交通機械工学分野 Advanced Automobile Engineering Area

自動車工学に精通した自動車保守・サービス分野のスペシャリストの育成をねらいとします。そのために、2級自動車整備士の資格取得を目指します。同時に、「くるまづくり」を目指す技術者に必要な、機械工学の基礎知識・技術ならびに豊かな創造力の育成を行います。

  • 1.視点

    国土交通省が指定する科目を修得します。機械工学、自動車関連科目を通して、2級自動車整備士免許取得と「くるまづくり」を視点に教育します。

  • 2.実習

    自動車整備実習、機械加工・溶接実習、熱工学・流体工学・計測実験、機械要素の設計・製図などを体験します。

  • 3.職業・職種

    自動車販売会社セールスエンジニア及びサービスエンジニア、自動車・自動車部品・建設機械など輸送用機器関連メーカー、自動車エンジニアリング関連企業、自動車アウトソーシング関連企業、自動車検査員、自動車損害保険アジャスター、交通事故解析士などを希望する人に適します。

  • 4.資格試験

    2級ガソリン自動車整備士、2級ディーゼル自動車整備受験資格、自動車整備管理者、ガス・アーク溶接技能者、危険物取扱者(乙種)、エネルギー管理士など

医療福祉ロボット分野 Medical and Assistive Robotics Area

近い将来に必ず訪れる超少子高齢化社会では、医療福祉機器の果たす役割はさらに大きくなり、特に「総合的な工学」をベースとする次世代自立支援機器は成長が期待される分野です。このような次世代自立支援機器の技術に対応でき、研究開発ができるエンジニアの育成をねらいとして2016年度より始動した新コースです。このコースでは、メカトロニクス、システム工学、化学などの幅広い知識を学べるカリキュラムを採用し、「総合的な工学」力を身につけ、技術で社会貢献できる技術者を育成します。

  • 1.視点

    医療・福祉機器の設計や開発に携わることのできる技術者の育成のため、工学だけではない幅広い分野の知識を身につけることを視点に教育します。

  • 2.実習

    医療・福祉機器関連メーカー、医療、福祉関連産業、メカトロニクスを中心とした機械・電気産業およびロボット・コンピュータに関する企業などを希望する人に適します。

  • 3.資格試験

    ME技術力検定、福祉住環境コーディネータ、機械設計技術者(2級,3級)、CAD利用技術者(2級)など

スポーツ科学分野Sport Science Area

各種競技のフォームを動作解析により科学的に分析することにより効率的な動きを探求する技術者の育成をねらいとして、人間の持つ動きのメカニズムを解析する技術を学ぶことができる分野です。 このコースで学んだ知識を応用したトレーニング科学の発展に寄与できる技術者を育成します。

  • 1.視点

    競技活動の経験を生かし、スポーツと材料力学・流体力学等の機械工学の持つ力学を融合させて科学的に分析する力を養う視線で教育します。

  • 2.実習

    機械加工・溶接実習、熱工学・流体工学・計測実験、機械要素の設計・製図などを体験します。

  • 3.職業・職種

    スポーツ用品メーカー、スポーツマネージメント、スポーツ指導者、一般機械メーカー

  • 4.資格試験

    NSCA-CPT(パーソナルトレーナーの認定資格)