【知事から学生の皆さんへ】引き続き感染防止対策の徹底を!

本県においては,8月に新規感染者数が200人を超える日が続くなど, 爆発的な感染拡大に直面し,8月20日からは,まん延防止等重点措置が適用されていますが,その後,学生の皆さんのご協力もあり,新規感染者数や病床使用率も減少してきております。

このような状況を踏まえ,9月28日,政府においては,本県に対するまん延防止等重点措置の適用を9月30日で解除することが決定されました。これに併せて,本県独自の緊急事態宣言についても,10月1日から感染拡大警戒期間に移行し,ステージ判断についても,同じく10月1日からステージⅢに引き下げます。

 

本県の感染状況は大きく改善していますが,大都市圏では,まだ多くの新規感染者が確認され,感染力の強いデルタ株の影響も考慮すると,今後も全国的にリバウンドのおそれがありますので,学生の皆さんには,引き続き感染防止対策の徹底をお願いします。

 

不要不急の外出自粛の要請は終了しますが,今後も外出の際は時間帯を選んで密を避けるなど,感染防止対策にご協力ください。

また,感染の再拡大を防止するためには,ワクチン接種が重要ですが,若い方の接種割合は,まだ3割から5割程度にとどまっていると考えております。

今回の爆発的感染拡大では,若年層の感染者の割合が高くなっており,また,若い方でも重症化することや,後遺症が残ることがありますので,希望される方は,早めのワクチン接種をお願いします。

 

皆さんの責任ある行動がご自身だけでなく,大切なご家族,友人,周りの方々の健康と命を守ります。

学生の皆さんには,コロナを克服し,無事に楽しいクリスマス,お正月を迎えるためにも,リバウンドを招かないよう,引き続き,感染防止対策の徹底にご協力をお願いします。