德永 正勝

教員写真

德永 正勝 Masakatsu Tokunaga

航空工学科/教授 
博士(工学)
受験生へのメッセージ

鹿児島県は、大型のロケット発射場が2つもある、非常に稀有な場所です。ある意味、最も宇宙に近い県であると考えることもできます。鹿児島県では、唯一航空工学部を有するこの大学で、宇宙空間への架け橋となる、ロケットや航空宇宙工学関連を、皆さんと共に研究し、そして宇宙のように大きな世界に巣立っていただきたい。それで、もし疲れたら、いつでも立ち寄ってもらえるような研究室を目指しています。
また、同時に、宇宙空間から地球を、短時間かつ広域に観測した情報を、分析、活用(防災、減災、環境等)する研究も行いたいと考えています。宇宙は無限です、皆さんの将来も無限です。一緒に進んでいきましょう。

専門分野

航空工学、飛翔体工学、レーザ共鳴ラマン光学分析、衛星画像情報処理、放射線工学、危機管理関連技術

現在の研究テーマ

飛翔体工学、レーザー共鳴分光分析の応用、リモートセンシング(光学、SAR、マルチ)、地理空間情報の活用、環境等放射線工学、in vivo系の人口光合成モデルの研究、 地方自治体を中心に、各自治体と国における、至短時間での情報伝達、決心要領に関する研究(衛星画像解析を中心にAI,ビッグデータ、データマニング処理)

主な講義科目

宇宙工学概論、航空宇宙材料、ロケットエンジン、航空工学実験