―令和3(2021)年度授業の実施方針について(鹿児島キャンパス)―

2021-04-06

 

新たな年度が始まりましたが、新型コロナウイルス感染拡大収束には未だ至らず、その見通しを立てることさえ困難な状況です。

本学では、引き続き感染防止を徹底したうえで、令和3(2021)年度の授業を以下の方針で実施していきます。

  1. 1 実験・実習・製図等の授業、技能の修得等を目的とする授業
    徹底した感染防止対策を講じたうえで対面授業により実施。ただし、教育効果を考慮したうえで、一部を遠隔授業で実施する場合があります。
  2. 2 その他の授業(主として講義科目)は、原則としてオンライン授業により実施。ただし、授業内容や受講者数などの状況により、その一部を対面授業で実施する場合があります。
  3. 3 本学LMS(Learning Management System) Moodleの活用
    授業の実施形態に関わらず、授業に関する詳細情報の通知、授業資料の配布、課題の提出等で活用します。また、新型コロナウイルス感染症等の社会情勢によっては、授業の実施形態を「遠隔授業」に変更することもあります。その際は、本学ホームページやMoodleを使用してお知らせします。

本方針に対する学生の皆様のご理解と、引き続き感染防止(マスク着用、手指消毒、3密回避など)へのご協力をよろしくお願いいたします。

第一工科大学 工学部
学部長 板倉 朗