「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」で最高A評価(自然環境工学科)

「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」で最高A評価(自然環境工学科)

2020-04-16

「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」で最高A評価

自然環境工学科

 国土交通省は、「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の2019年度年度採択事業の評価結果を発表しました。
 その結果、林建設、RTK研究会、第一工科大学、梅コンサルのコンソーシアムが、鹿児島県で唯一、導入効果や社会実装の実現性が最も高いとされるA評価を受けました。
 第一工科大学田中研究室では、主として、ローコストRTK-GNSSのデータ解析及びシステム開発を担当しました。

 

RTK-GNSS 計測の様子

– RTK-GNSS 計測の様子 –

第一工科大学基地局アンテナ

– 第一工科大学基地局アンテナ –

地局監視モニター

– 基地局監視モニター –

 

-200415_自然4-

– 鹿児島建設新聞(2020.04.14) 掲載許可 –