仮屋研究室 自動車技術会2016で研究発表(機械システム工学科)

仮屋研究室 自動車技術会2016で研究発表(機械システム工学科)

2016-10-26

仮屋研究室 自動車技術会2016で研究発表

機械システム工学科

 

 去る10月19日~21日に開催された自動車技術会2106年秋季大会に参加した機械システム工学科の学生が参加の様子をリポートしました。

 

仮屋研究室 自動車技術会2016で研究発表

 機械システム工学科 玉城範大(美里工業高校出身)

 

 平成28年10月19日~21日に公益社団法人自動車技術会の2106年秋季大会が札幌コンベンションセンターで開催され、397件の学術講演会やTechnical Review、市民公開特別講演など、様々な企画が実施されました。

自動車技術会 2106年秋季大会 http://www.jsae.or.jp/2016aki/

 

  第一工大からは、機械システム工学科の仮屋准教授が将来の自動車整備士に関するセッションに参加、また産学ポスターセッションに仮屋研究室の「次世代自動車用高強度Al合金の疲労特性に関する研究」を発表して、私も参加しました。

 発表当日は、札幌市街地に初雪が降るとても寒い日でしたが、全国の大学から選抜された25校の大学ポスターセッションでの交流や、自動車業界の研究開発者との情報交換などができ、とても有意義な参加となりました。

 来年以降も参加できるように、今後も研究活動に意欲的に取り組みたいです。

 

初雪の中の会場 札幌コンベンションセンター

ポスターの前で

説明中の仮屋先生

公演を終えて