伝統神事ナゴシドン(平田神社の神舞)に学生が参加(建築デザイン学科)

伝統神事ナゴシドン(平田神社の神舞)に学生が参加(建築デザイン学科)

2016-09-08

伝統神事ナゴシドン(平田神社の神舞)に学生が舞手で参加!!

建築デザイン学科

 

 宇宙ロケット発射基地で有名な鹿児島県肝属郡肝付町で実施された神事「ナゴシドン」に建築デザイン学科の学生が十二人剣舞の舞手として参加しました。

 天岩戸に隠れこもった天照大神の神話を神舞で表現したもので,若者の減少で存続が危ぶまれていたようですが,5年振りの復活ということで,着々と準備を重ねてきました。神事の詳細は,下記の肝付町WEBページをご参照いただければと思います。

 建築デザイン学科では,建物という有形のものだけでなく,まちに根ざした歴史や文化といった無形のものも対象に活動を進めています。今回,このような貴重な機会を経験させていただきました肝付町の皆さん,田中様をはじめとする地域おこし協力隊の皆さん,その他関係各位に厚くお礼申しあげます。

 

伝統を繋ぐ舞手の皆さん登場!

三柱のご神体を宿した神面を立て神事開始

第一工科大学から参加した十二人剣舞の舞手(右:中野君,左:竹下君)

晴天のもと集まった大勢のギャラリー

集合写真

 

<関連情報>

1.肝付町 平田神社の神舞(ナゴシドン)

http://kimotsuki-town.jp/4608.htm

2.きもつき情報局 若者たちの協力で伝統つなぐナゴシドン

http://kimotsuki.info/pages/know/culture/post-1783.html