無人航空機の飛行に関する申請が承認されました(自然環境工学科)

無人航空機の飛行に関する申請が承認されました(自然環境工学科)

2016-03-09

無人航空機の飛行に関する申請が承認されました

自然環境工学科
 昨年12月10日から改正航空法が施行されてから、大学の位置する霧島市国分中央地区は、鹿児島空港周辺の空域で、人口集中地区にも指定されているため、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。
 自然環境工学科田中研究室では、ドローン空撮による3次元地形測量の開発研究に取り組んでいますが、どうしても空撮実験データが必要なため、今回、国土交通省の関係書類を熟読し、無人航空機の飛行に関する許可・承認の申請をしたところ、3月7日付けで許可書が届きました。
 ということで、またこれから空撮実験が始められることになりましたので、今後、不定期ですが空撮の様子などを公開したいと思います。

空港周辺空域
(国土交通省)

人口集中地区
(総務省)

ドローン飛行許可書
※このトピックに興味を持たれた方へ
 第一工科大学自然環境工学科で、ドローン空撮の3次元測量の研究など空間情報工学の研究をしませんか。
 チャレンジ精神に満ち、アイデア豊富な若い皆さんの入学をお待ちしております。
 また、無人航空機の飛行に関する許可・承認申請の方法など、お聞きになりたい方は、分かる範囲で相談に応じます。なお、研究室の空き時間に対応いたしますのでその点ご了承ください。
 電話:0995-45-0640 内線3122 (田中)