福重彩夏さんがNCSP国際学会で発表しStudent Paper Award受賞!(情報電子システム工学科)

福重彩夏さんがNCSP国際学会で発表しStudent Paper Award受賞!(情報電子システム工学科)

2016-03-17

Student Paper Awardを受賞!!

情報電子システム工学科
 2016年3月6日~9日にハワイで開催された信号処理学会(RISP:Research Institute of Signal Processing)主催のNCSP’16(Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2016)で、情報電子システム工学科4年の福重彩夏さんが口頭発表を行いました。タイトルは「Application to the Disaster Pre+vention with the Sensor Network」で、福重さんが1年間、卒業研究として取り組んできた内容です。英語での口頭発表ということで非常に緊張していましたが、無事発表を終え、発表後の質問も何とか乗り越えました。
 また学生の発表(今回は150件程あった。)の中で特に良かったものに対して贈られるStudent Paper Awardも今回受賞しました。学生生活の最後に、非常に良い経験ができたと思います。
ALT
Student Paper Awardを受賞した
福重 彩夏 さん
福重さんのコメント

 国際学会の話をいただいた時は、自分がやりきれるか不安でいっぱいでした。しかし、研究室の山田先生をはじめとするたくさんの人に支えられ無事発表を終えることができました。
 今回はStudent Paper Awardという賞をいただきましたが、自分一人では成し遂げることができなかったと思います。この研究に携わってくれたすべての人に感謝の言葉を述べたいと思います。

NCSP国際学会2016 第一工科大学