航空工学科 パイロット資格コース2期生、初単独飛行を達成!(航空工学科)

航空工学科 パイロット資格コース2期生、初単独飛行を達成!(航空工学科)

2016-04-14

航空工学科 パイロット資格コース2期生、初単独飛行を達成!

航空工学科
 自家用操縦士技能証明及び多発限定資格取得を目指して米国オレゴン州へ留学したパイロット資格コース2期生、早いもので既に2週間が過ぎました。異国での生活にも慣れてきた頃と思います。
 現地では、オリエンテーションが終了して飛行訓練が開始されています。天候にも恵まれたせいか渡米後、各人約10時間の飛行訓練を終え、全員順調に訓練を進めております。
 その中で、本学独自のカリキュラムによる事前の学習成果により、既に4名の学生(城西、米澤、嶋村、市川)が早くも単独飛行訓練に移行しました。
 単独飛行とは文字通り教官は同乗せずに、学生自らが飛行機を操縦して飛行することです。飛行中は、全て自分で判断し無事に飛行を終了しなければなりません。将来、機長として飛行機を操縦する上ではとても重要な訓練が単独飛行訓練です。
 

(初単独飛行を終えたパイロット資格コース2期生)

 この後、航法飛行訓練、夜間飛行訓練、単独長距離飛行訓練、双発機訓練等と土曜日、日曜日もなく、厳しい飛行訓練と英語での授業と、文字通り英語漬けの毎日が8月末まで続きます。秋には何事もなく、無事に帰国し、成長した姿を見せて欲しいと思います。

 将来の一流のエアライン・パイロットを目指して頑張れ!!