7月の公開講座が開催されました

令和3年7月3日(土)10:00~11:00、本学ソラトピアにて、本年度4回目の公開講座が開講されました。講演者は、工学部建築デザイン学科教授の堀口譲司先生で、テーマは、『「受胎告知」にみる西欧の自然観と建築空間の系譜』でした。

講演では、豊富な絵画が紹介され、まるで西欧の美術館や博物館を訪ねているかのような1時間となりました。また、西欧の人々の自然との向き合い方や、それが建築空間の表現にどう影響したのかなど、自然~絵画~宗教~建築のつながりが見えてくるような講義でもありました。

今回の講座には、16名の方々にお越しいただきました。ご聴講ありがとうございました。

また、広く一般市民にも公開するということで、霧島・姶良地区のケーブルテレビ「南九州ケーブルテレビネット」で7月12日(月)から2週間、夕方6時から1時間番組として本講座の内容が放送されますので、こちらもどうぞご視聴ください。

 

 

 

 

【予告】

来月の講座は下記の通りです。受講料は無料、一部テキスト代が必要な講座があります。

 

〇講義形式

日 時:8月7日(土)10:00~11:00

講 師:本田泰寛准教授(工学部自然環境工学科)

テーマ:フランスの石橋巡り

 

〇ワークショップ

日 時:8月21日(土)9:30~12:30

講 師:杉安 幸二教授(工学部機械システム工学科)

テーマ:3次元CAD入門-コンピュータで3次元モデルをつくる-

【定員:5名】

 

日 時:8月28日(土)~29日(日)9:20~12:30

講 師:山田 猛矢准教授(工学部情報電子システム工学科)

テーマ:Javaプログラミング超入門

【定員:10名 テキスト代:\1,500

 

多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

参加申込・年間開催予定は⇒こちら

 

(社会・地域連携センター 末重)