共通教育センターの森園助教が鹿児島第一高校で出前授業

10月4日、鹿児島第一高校で共通教育センターの森園助教による出前授業が開催されました。

鹿児島第一高校では1年生の総合的探求の時間に『環霧島学』を実施しています。その一環で、第一工科大学からは5名の教員が課題の発見やデータの取り扱いなどについて自身の研究活動にもとづいた講義を実施します。

2人目となる今回は、自身が研究対象としておられる「キノコ」を軸に、研究に取り組むようになったきっかけや課題設定に対する考え方、商品開発に至る展開についてお話いただきました。

生徒さんからはたくさんの感想をいただきました。その一部をご紹介します。(感想はこちら

 

  •  

 

第一工科大学では出前授業の依頼を随時受け付けています。Zoomを使った遠隔講義も対応可能できますので、是非ご相談ください。
(出前授業のお申し込みはこちら)

 

(社会・地域連携センター 末重)