航空整備工学専攻

航空整備工学専攻

航空整備工学専攻は、国内有数の国交大臣指定の訓練課程で、コース終了により整備経歴が付与されると共に、在学中の二等航空整備士/運行整備士資格の取得を目指します。教官陣は航空局出身の運行安全の専門家、大手エアラインの海外勤務経験者、機体の改修や構造修理のプロ、自ら操縦桿を握って空を飛ぶ人など、様々な得意分野を持つ経験豊かな先生ばかりです。

自己学習とチームワーク

整備士国家資格の取得には①学科試験②基本技術③実機知識/技能の3つの難関があります。本コースはグループ活動やチームワークを主体に国家試験合格へ向けて難関突破を目指します。また、教官が開発した課外用の自己学習サポートプログラムも活用しています。克己心、対話力、協調性や指導力を培い、将来、職場のリーダーや管理職に求められる「人間力」の源となります。

空港キャンパス

鹿児島空港は航空機の発着数で国内第6位です。本コースの空港実習場では、エアラインの様々な旅客機、官公庁や事業所の数々の小型機やヘリコプターを眺め体感しながら空への夢を大きく育むことが出来ます。また、空港の職場体験やインターンシップを通して、最も適した職業を選定し、夢の実現に大きなチャンスが得られます。

「学士」整備士

米国のボーイング社や欧州のエアバス、海外のエンジンや部品メーカーの技術者と折衝を行うような、将来必ず訪れる場面でも、堂々と自信をもって自分や会社の要求を伝え、実現できる能力の素地は「学士力」であると考ています。語学力は勿論ですが、それ以上に、世界で通用する人間として「教養や魅力」を習得できます。

カリキュラム