航空工学部航空工学科

航空エンジニアリング

Daiichi Institute of Technology

Department of Aeronautical Engineering

Aeronautical Engineering Course

航空エンジニアリング

何事も恐れずに明るくCHALLENGEする学生を求めています。

航空宇宙技術の基礎から最新技術まで、 理論と実験を併用した教育を行うことにより、広く産業界で活躍できる技術者の養成を目標としています。 航空力学などの航空基礎工学に加えて、航空工学実験、CADを利用した航空設計製図などの実践教育も実施し、 理論のみでなく実務に役立つ教育を行っています。また、ドローン関連教育にも力を入れ、ドローン基礎、応用、操縦技術も習得できます。さらにDX時代のものづくりも学べます。

学科長メッセージ

学科長
航空工学科長
教授德永 正勝
Masakatsu Tokunaga
1900年代から現在に至るまで、人は空を飛ぶことにチャレンジし続けています。現在では国内外(これからは宇宙も)を結ぶ重要な交通・輸送インフラとして更に発展し続けています。 エアラインは常に刷新され、パイロットには幅広い知識並びに高度な技量の習得に加え、安全への強い使命感が求められています。  一方、航空機等には、常に性能を最大発揮できる状態を維持し、逐次最新の技術を適用しつつ高い安全性の確保が求められています。   同時に航空機等の技術的進化も早く、固定・回転翼、有人・無人航空機(ドローン)、そして大気圏を飛び出すロケット等、目的に即した最適設計、非常に多くの部品選定、複雑な構成品を最適に組合上げる、システム設計能力も求められています。 このように様々な業務を行うために、「あきらめない心(胆力)」は、パイロットやエンジニアを目指す者にとって大切な能力であると思っています。 航空工学科では、「航空操縦学専攻」と「航空エンジニアリング」の2つの専攻があります。 「航空操縦学専攻」は将来のエアラインパイロットを目指す学生を育て、「航空エンジニアリング」は将来エアライン等で航空機等を常に最高の状態にするための業務を行ったり、新しい航空機やドローン、ロケット等の設計・開発ができる学生に育てます。 本学科は「パイロット、航空機・ドローン・宇宙」と言う分野を「軸」とし、「夢を追い、それを実現する学生」が集まっています。 パイロット育成、航空機製造等というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、国内外の航空業界等の第一線で勤務され「飛ぶことの本当の楽しさ・厳しさ」を知る経験豊富な教員や、自分自身で設計・開発した航空機が「目のまえで飛び立つ感動」を知る教員らが、初めて専門的に航空・宇宙を学ぶ学生をしっかりサポートし、航空業界等に送りだします。 一緒に「夢を実現」しましょう。

4年間の流れ

卒業後の進路

㈱IHI
㈱テクノプロ
㈱第一システムエンジニアリング
沖縄県庁

その他多数

取得可能な資格

○航空無線通信士
○機械設計技術者3級
○在学中に取得可能

卒業生の声〜夢を叶えた先輩たちのメッセージ〜

  • 航空エンジニアリング

    (勤務先)
    株式会社IHI
    2021年卒業
    東條 志帆Shiho Tojyo さん
    専門的知識をたくさん吸収した4年間。

    幼い頃から空を見上げることが好きで、空を見るとそこにはいつも飛行機が見えていました。高校3年生の進路選択で、飛行機が好きだったことを思い出し、自宅から通学でき、飛行機について深く学べるこの学科に決めました。入学してからは、2年生時に新しくサークルを創設し、仲間たちととても楽しい日々を送ることが出来ました。専門的な知識をたくさん吸収することも出来ました。どんな些細なことで質問に行っても優しく答えてくれる先生方のもとで4年間学ぶことができてよかったです。第一工大で学んだことを生かして就職先で頑張りたいと思います。

    開く

Message Teacher Yasushi Furukawa

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のものづくりが、次世代の産業には必須!

航空宇宙産業を始めと留守最先端のものづくりの世界では、デジタルを駆使した変革が必須です! グローバルな世界で開発競争を勝ち抜くために、DX自体のものづくりに一緒に取り組みましょう!

教授
古川 靖